スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑がある!

観葉植物はさまざまなところで目にしますね。家の中だけでなく、職場や病院、人の集まるところには緑が置いてあります。風水を気にする人は観葉植物の存在には敏感に気がつくみたいです。アイビー、パキラ、ポトス、いろいろあるのに全部知っていたりします。

仕事が忙しいとその存在には気づかないものですが、観葉植物の緑色が視野に入るだけで気持ちをリラックスさせる効果があるそうです。観葉植物の育て方や増やし方は観葉植物によって異なります。ここではアイビーについて育て方や特徴についてちょっと見てみましょう。アイビーはヨーロッパ原産のつた系の植物で、低温や乾燥に強いことから育てやすい病気になりにくい観葉植物のひとつです。アイビーと言う観葉植物は半日陰でも丈夫に育つので、日当たりなどにそれほど気を配らずに室内において置けるのも長所です。

アイビーと言う観葉植物は乾燥や低温に強いので、一年中外に放っておくこともできますが、それだと赤くなったり黄色くなったりはしますので、風水上は問題があるかもしれませんね(笑)。水分補充に関してもアイビーの鉢土の表面が乾いたら、たっぷり。ヘゴ仕立て(支柱にからませてあるもの)のものは、ヘゴにも、水をかけます。つた系の観葉植物の手入れとしてはアイビーだけでなく、ポトスなどもそうなのですが、あまり、葉が混んでいたら、すいて 風通しをよくして、虫を防ぎましょう。

切った枝は簡単に刺し芽で殖やせます。倉敷にアイビースクエアと言う観光地があります。そこはレンガ造りの建物に絡みついたアイビーがその象徴となっている、とても気持ちの良い観光施設ですもちろん、上に書いたように丈夫なアイビーとはいっても霜や直射日光にやられると紅葉したりしますから、建物についたアイビーは季節とともにその色が変わります。でも、その可愛らしい葉っぱが織り成す自然の息吹は見る人の心を豊かにします。屋内の観葉植物アイビーは自然の中でもみんなに愛される植物なのです。
スポンサーサイト
プロフィール

でじいち

Author:でじいち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。